医療安全と質の向上について

TQMセンター

TQMセンターとは

永生病院では、2005年(平成17年)4月にTQMセンターを設立しました
TQMとはTotal Quality Management(総合的質管理)の略称で、TQMセンターは永生病院の医療の質を管理する部署です。
また、永生病院の全委員会はTQMセンター傘下となっています。

TQMセンターの主な活動

TQMセンターの主な活動は次の4項目です。
① 臨床指標による医療の質評価
② 委員会活動の活性化
③ 第三者評価対応
④ 職員満足度・患者満足度調査

① 臨床指標(CI)による医療の質評価

臨床指標(CI:Clinical Indicator)とは医療の質を具体的な数値として示したものです。
永生病院には多くの疾患を併発された高齢の患者が多いため、急性期医療の臨床指標のように、はっきりとした治療成績などを評価することは困難ですが、慢性期医療の質評価を意識した臨床指標の収集・評価を行っています。
また、2017年度より全委員会はTQMセンターの傘下となったため、多くの委員会でも活動の質を評価する指標の収集を開始しました。

 

② 委員会活動の活性化

永生病院では2019年2月現在、24委員会が活動しています。TQMメンバーがすべての委員会に参加することは不可能ですが、新しい委員会を立ち上げる時はTQMセンターが中心となって活動をします。また、委員会の活動方法の改善が必要な場合は、その委員会と相談して活動の見直しを行なったり、委員会活動の質を評価する指標の収集・評価や、委員会議事録の保管方法を決めたりなども行ないます。

 

③ 第三者評価対応

永生病院は日本医療機能評価機構の病院機能評価と日本慢性期医療協会の「慢性期医療認定病院認定審査」を定期的に受審し、更新認定を受けています。この他にも2016年度(平成28年度)には、日本精神科病院協会の「日精協版セルフレビューチェックシート平成28年度版」による評価も行っており、これらのような第三者評価受審時にはTQMセンターが中心となって活動を行ないます。
第三者評価受審は、職員にとってはその度に大変ですが、第三者評価を受けなければ業務やマニュアルの見直しなどは自分達にやさしくなってしまい、一般的に行なわれているガイドラインなどの情報も反映されにくいなど、弊害も大きくなっていくことが危惧されます。第三者評価が求める視点は高く、受審は病院の質向上を目指す良い機会であると考えています。

 

④ 職員満足度・患者満足度調査

2016年度から永生病院は日本医療機能評価機構の患者満足度・職員やりがい度(満足度)調査に参加しています(最初の2年間は試行調査への参加)。職員や患者の満足度調査は以前より行っており、TQMセンターはこれらの調査には関わっていませんが、日本医療機能評価機構の患者満足度・職員やりがい度(満足度)調査はTQMセンターが行なうことになりました。この満足度調査は調査に参加した病院と結果を比較できるメリットがあるのが特徴で、永生病院と同じような慢性期病院のグループとも比較できます。全国的に調査が開始されたのは2018年度からですので、今後はこのデータを活用しながら患者に選ばれる病院、職員が働きやすい病院になるように活動していきたいと考えています。

TQM センター構成メンバー

TQMセンターのメンバーは10名で、さまざまな部署の職員で構成されています。

コア会議メンバー

 

 

職種

部署

1 センター長 医師 診療部
2 副センター長 臨床検査技師 医療技術部 検査科
3 看護師 看護部
4 看護師 看護部
5 理学療法士 リハビリテーション部
6 理学療法士 リハビリテーション部
7 管理栄養士 医療技術部 栄養科
8 薬剤師 医療技術部 薬剤科
9 事務 サービス支援課
10 診療情報管理士 図書室

TQMセンター長のご挨拶

TQM(Total Quality Management)センターは、永生病院における総合的質管理を行なう部署のことです。総合的質管理の中には医療の質、経営の質、組織運営の質等が含まれています。これらの質を管理するために当センターでは個々の課題に臨床指標(CI:Clinical Indicator)を設定し、管理を行なっています。臨床指標を設定することにより目標を数値化してわかりやすくし、組織を同じ目標に向かって円滑に動かして改善を行なっていくことが主たる役割となります。

永生病院の目標とは「永生会の理念の中でも述べられている、街づくり、人づくり、想い出づくり」を実践することにあります。特にこの中で、近年の超高齢化社会を迎えて地域包括ケアシステムを支えるための地域との連携、地域包括ケアシステムを支える人材の教育や確保、地域包括ケアシステムを多数の方に利用していただくことなどが重要課題となっています。

TQMセンターでは、全職員が組織を理解して、信頼と安心のある働き甲斐のある職場づくりを目指していきたいと思います。
また、利用者様には質の高い、安心な、わかりやすい医療の提供を目指していきたいと思います。
さまざまな活動により、職員や利用者様、地域の方々に貢献するためにたゆまぬ努力を続けていきます。

 

TQMセンター長 山下 晋矢