メディカルサポートのご紹介

栄養科(医療技術部)

栄養管理と給食管理から療養をサポート。チームで栄養ケアを推進。安全な食形態、食欲維持、栄養指導と、患者さま一人一人に合わせてマネジメント

 私たち管理栄養士は医療技術部の一部門として、食事の面から病気の治療・回復・合併症の予防を目指して、適正な栄養管理と給食管理の両面で患者さまをサポートしています。
食事については、医師の指示に基づき患者さま一人一人の病態に適した食事を提供しています。また、食事の内容をご理解していただけるよう、患者・ご家族さまに対して、栄養指導と相談を行っています。

栄養科の理念

「私たち栄養士は、栄養管理が必要な方に、病状に応じた適切な食事、及び食事サービス(栄養相談)を提供していきます。チーム医療のもと、適切な栄養管理を実践します。」

(1)医師・看護師・栄養士・検査技師・リハビリセラピスト・介護士と一緒にチームとして患者さまにより良い栄養管理を提供します。

(2)患者さまやご家族さまが安心して治療を受けられるように、お話を伺い、食事について説明させていただきます。

(3)患者さまのプライバシーに十分注意していきます。

(4)患者さまに、より良い医療を提供する為に、日々研修・研鑽を続けます。

永生病院の理念はこちら

栄養科の業務内容

栄養管理業務

 調理業務、献立作成、発注業務、食材管理、衛生管理、洗浄業務といった給食管理業務を給食会社へ全面委託しています。
 献立は、一般食から治癒食、嚥下調整食を展開しています。イベント食は月に一度実施しています。
また人気メニューであるうどんやそばなどの麺類は、週に1度提供しています。その他患者さまのニーズに合わせ、満足していただける給食を目指し、随時調整を行っております。


行事食
行事食「敬老の日」 毎月、季節に合わせた行事食を提供しています。  
お誕生日メニュー 年に一度の大切なお誕生日には、お祝いのメニューを提供しています。  


栄養管理業務  

【当院のNST】

2012年4月 NST発足
      週1回のNST回診
      月1回の栄養ケア勉強会の開催
2017年4月 全科型NSTから病棟完結型NSTへ

【病棟完結型NSTに向けた取り組み】

全ての入院患者さまに対し、担当栄養士がアセスメントを行い、必要に応じて主治医の指示の下、食事内容を個別に調整しています。調整後は、摂取量の経過や体重の推移、血液検査結果などを確認の上、再調整を行い、栄養状態の改善を目指します。
食事量が低下している患者さまにとって、少ない量で高い栄養価を得られる食品(栄養調整食品)は有効です。当院では、担当栄養士が患者さまごとに適切な食品を選択し、お食事の一部として提供しています。

・介護病棟
低栄養リスクに応じ栄養状態の確認を行い、主治医・看護師・言語聴覚士・介護士などと共に、食事調整の検討を行います。

・地域包括ケア病棟
退院に向けた多職種会議に参加し、栄養上の課題を共有し、解決策を提案し、退院支援を行います。

・精神科病棟
集団リハビリの季節の行事へ参加します。「触って」「食べて」季節を感じるイベントでは、嚥下調整が必要な方も同様に季節を感じていただけるような食材や商品の提案、調理の工夫を行います。夏には、生スイカジュースを提供しました。
精神科合同勉強会では、栄養療法について多職種で学ぶ機会を設けています。

・医療療養病棟
中心静脈栄養や経管栄養食の方も多く入院されていますので、発熱や消化器症状について、多職種との連携が欠かせません。安全な栄養プランの立案と提案を行います。

・内科病棟
入院目的と今後の方針に向けて、情報共有と各部署の確認事項を共有する目的で、多職種で集いカンファレンスを行います。
また、内科病棟独自の季節のイベントの際も、食材の準備を行い参加します。

・回復期リハビリテーション病棟
栄養障害リスクのある患者さまを抽出し、毎週栄養カンファレンスを実施しています。
また、当院はVE検査とVF検査への管理栄養士の立ち会い適宜行っています。食材の調整や手配を行い、検査結果を踏まえ、今後の食事内容について多職種で検討を行います。

【病棟栄養相談】

ご入院中の患者さまへは、病棟担当管理栄養士による栄養相談を行っております。
治療食を始め、嚥下調整食・低栄養改善を目的とした食事に関しても実施しております。
ご退院後、永生クリニック受診される方は、引き続き病棟担当管理栄養士による栄養相談を継続されることも可能です。
お気軽にお声掛けください。

【委員会参加】

私たちは、下記の委員会に参加し、多職種と共に安全な医療の提供に向けて取り組んでいます。

栄養ケア管理委員会
・褥瘡委員会(栄養介入による褥瘡発生の予防と治癒促進への取り組み)
・広報委員会(院内広報誌の発刊)
・診療情報管理委員会(新規書類の申請と不備の削減への取り組み)
・TQM委員会(満足度調査の結果を受けて、更なる改善に向けての取り組み)
・医療安全推進チーム(インシデントアクシデントレポートの解析)
・図書委員会(購入希望図書の選定・依頼)
・コンピューター委員会(電子カルテの安全な運用への提案)
・教育委員会(病院内各部署の教育担当者と連携)
・ICT委員会(食中毒についての講習会の開催)

栄養ケア管理委員会の取り組み

参加職種:医師、看護師、言語聴覚士、薬剤師、臨床検査技師、調理師、管理栄養士、栄養士
開催頻度:月1回
活動内容:給食の質向上をめざし、給食に関する患者さまの声を集め、改善に努めています。
     また、栄養管理について病棟全体で知識の向上に向けた取り組みも行っています。

教育プログラム

毎月テーマを決め勉強会を実施しています。
目的:栄養投与方法や栄養素、栄養剤、栄養補助食品、病態に応じた栄養管理について
   常に最新の知識を得て日々の業務に活かせること。

内容:
5月     水 電解質
6月     静脈栄養 嚥下内視鏡検査および嚥下造影検査
7月     褥瘡 慢性腎不全
8月     褥瘡
9月/10月   便秘と下痢 シンバイオティクス
11月/12月  リハビリ栄養
1月     肝臓病
2月     糖尿病
3月     脂質異常病
     (平成30年度 予定)

取得資格

・日本糖尿病療養指導士     1名
・病態栄養専門管理栄養士    1名
・病態栄養学会NST研修終了    1名
・静脈経腸栄養管理栄養士    1名
・栄養経営士          1名
・健康運動指導士        1名
・臨床栄養師          1名
・西東京糖尿病療養指導士    3名
・保健指導食生活改善指導担当者 1名
       (平成30年4月1日現在)

実習生の受け入れ

・管理栄養士専攻  5校
・栄養士専攻    1校
   相模女子大学   6名
   東京医療保健大学 2名
   駒沢女子大学   2名
   平成帝京大学   7名
   女子栄養大学   2名
   東京栄養専門学校 4名
    (平成29年度実績)

退院に向けた関わり

栄養情報提供書  

ご退院される患者さまや、ご退院後に利用される医療・福祉サービスの関係者の皆様へ、栄養情報提供所を作成しています。
ご退院後、永生クリニックにおける栄養相談をご利用される方が多くいらっしゃいます。
ご退院後の栄養ケアへの発信ツールとしても、栄養情報提供書を活用しています。
また、ご退院先の施設の方から、お返事を頂いたことがあります。そちらをきっかけに、嚥下調整食研究会のご案内を行い交流が深まったという嬉しいエピソードもありました。

地域の研究会への参加

八王子病院栄養研究会  

八王子市保健所管内の病院で組織されており、病院給食および栄養管理業務の技術向上を会員相互で行うことを目的としています。当院も昭和49年発足時より参加しています。
参加施設数:28施設(2018年7月現在)
活動内容:年4回の勉強会、調理研究会、施設見学会等の開催
     健康フェスタ食育フェスタにてブースの運営

食に関する危機管理連携会  

八王子市保健所管内の医療施設等が連携し、相互に協力体制をもって、利用者様に安全で適切な食事の供食が出来ることを種子として平成13年3月1日に設立されました。当院も設立時より参加しています。
目的:事故や災害等により、栄養科業務が停止するような事態が生じた場合においても、近隣施設間で協力体制をもつことにより、利用者様に安全で適切な食事を提供することを目的としています。
参加施設数:15施設(2018年8月1日現在)
事業内容:会員施設栄養科スタッフ等を対象にした衛生研修会及び見学会など
     サポート訓練(施設間で弁当での訓練実施・年間2~3回)
     (八王子市保健所にご協力いただき食品の細菌検査及びスタンプ検査実施)

八王子嚥下調整食研究会  

急速に進む超高齢社会において、多くの高齢者が食べる機能(摂食嚥下機能)に問題を抱えています。そのため病院や高齢者施設では食事をやわらかく調理したり、刻んだり、ミキサーにかけて食べやすく工夫した食事の提供をしています。このような食事を「嚥下調整食」と呼びます。
「嚥下調整食」は施設により名称も作り方も異なります。摂食嚥下障害があっても安心して安全な嚥下調整食と近い形の食事を提供されることが必要です。当研究会では、施設間での食事形態の引継ぎを円滑にすることを目的に「嚥下調整食一覧表」を作成しています。
参加施設:病院 老健 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム
参加職種:医師、歯科医師、管理栄養士、言語聴覚士、理学療法士
活動内容:嚥下調整食一覧表の作成
     摂食嚥下障害や嚥下調整食に関する勉強会の開催

栄養科の広報誌『健康市場』

『健康市場』という広報誌を月1回発行しています。

記事の内容は「旬の食材」「治療食ガイド」「試してみませんか?」など、季節にあった事柄をお知らせしています。また、最近話題のトピックスなども取り上げています。ぜひご覧下さい。

号数 旬を食べる 主な記事
平成30年  
第252号 9月

・「○○の秋の由来」


PDFファイルをご覧いただけない場合は、
右からAdobe Acrobat Reader をダウンロードください。(無料)
「Adobe Acrobat Reader」のサイトへ

栄養指導・栄養相談のご案内

永生クリニックでは、食事療法が必要な患者さまに栄養相談を実施しております。
高血圧症・糖尿病・脂質異常症・高度肥満症・メタボリックシンドロームといった生活習慣病は、食習慣と関わりが深い病気です。
また、貧血・心臓疾患・痛風・肝臓病・腎臓病・膵臓病の方も、お食事療法をお勧めしております。
近年、健康食について多くの情報が飛び交っていますが、誤った認識によって、かえって病態を悪化させてしまう恐れもあります。
お食事でお困りごとのある方は、是非一度、主治医へご相談いただき、私共管理栄養士と共に取り組んでいきましょう。
どうぞお気軽にお申し出ください。

予約センター 0120-001-083