永生病院トップ > リハビリテーション部 > 理学療法部門のご紹介

リハビリテーション部

理学療法部門のご紹介

社会復帰をお手伝いする良きパートナーでありたい!
患者さまの障害、障害者のスポーツ参加援助、健康指導と多分野で活動

理学療法とは

 理学療法(Physical Therapy:一般にPTと略します)とは、けがや病気、老化現象など、さまざまな原因で身体に障害を持った方を対象に、一人一人の“カラダ”の状態をみて、残された能力を最大限に引き出すことで寝返り、起き上がり、また、立つことや歩くなどといった基本動作を獲得し、実用的な日常生活を促していくことをいいます。
 理学療法の対象は、中枢性疾患や整形外科疾患をはじめ、心臓・呼吸・代謝疾患などの内科疾患による障害やスポーツ外傷や交通事故による障害などだけでなく、健康維持のための指導や障害者のスポーツ参加への援助など広い分野に及んでいます。
 医療の場はもとより、在宅などの地域で生活する障害者(児)の自立を援助して社会参加を促進するために、理学療法士の果たす役割は社会的にも大きな期待がかけられています。
 私たちは障害を持った方とともに新たな生活を考え、社会復帰までご支援させていただく良きパートナーでありたいと考えています。

理学療法室

理学療法部門の活動

●生き活き介護教室

リハビリテーション部では、入院患者さまとびそのご家族を対象に「生き活き介護教室」を開催しています。
 その中で、理学療法部門は、「簡単な介助法」というテーマで介助法の講習会を行っています。
 内容は、日常生活でよく使われる動作 [(1)寝返り (2)起き上がり (3)車いすへの乗り移り] を通して、皆様に対象者の状況を理解していただき、介助法を体験していただきます。
 この講習会の特徴は、対象者の疾患や障害の特徴を理解していただいた上で介助法を身につけていただく、という点にあります。

生き活き介護教室はこちら

●ブレイスクリニック

装具とは

 理学療法を進める上で、患者さまによっては装具(あるいは義肢)を必要とするケースがあります。装具とは、四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する福祉器具のことです。
 例えば、脳卒中片麻痺者に適応される短下肢装具、長下肢装具や、切断者に対する義足、義手、脊柱骨折術後のコルセットなどがこれに含まれます。

ブレイスクリニック

 リハビリテーション部では、リハビリ専門医及び主治医によるブレイスクリニック(装具診察)を開催しています(週に2回、火曜日と金曜日の午後)。
 この診察では、医師、理学療法士(あるいは作業療法士)、義肢・装具士などが一同に介し、装具の種類から細かな設定までを検討しながらすすめていきます。
 装具のことでお困りの方は、永生クリニック予約センターで装具診察を予約していただくと、このブレイスクリニックを受けることができます。

症例検討会

 また、理学療法部門では、「療法士の装具に対する知識・技術を高め、患者様により適した装具を提供する」ことを目的に毎月1回、装具に関する症例検討会を開催しています。

永生クリニック予約センター tel 0120-607-741 (9:00~16:30)