永生病院トップ > リハビリテーション部 > 作業療法部門のご紹介

リハビリテーション部

作業療法部門のご紹介

「その人らしい生活のコーディネーター」がモットー。「作業活動」を通して諸機能の回復・維持・開発を促します。

作業療法とは

 身体あるいは精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対して、その主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す「作業活動」を用いて治療・指導・援助を行うことを作業療法(Occupational Therapy:OT)といいます。(日本作業療法士協会の定義)

作業活動とは

 日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療もしくは指導の手段としています。

作業療法室・ADL室・精神科作業療法室

● 作業療法室では、機能訓練や手工芸などの作業活動を行っています。病棟内においても、日常生活動作(ADL)訓練や手工芸などを行っています。

● 作業療法室には、車いすや電動ベッド、リフター等の福祉用具や箸や食器、リーチャーなどの自助具を揃え、その使い方や介助方法の指導を行っています。

● ADL室では、退院後の生活環境を想定した、トイレ動作や入浴動作、畳からの立ち上がりなどの練習や家事動作(調理・洗濯・掃除など)の練習を行っています。

● 精神科作業療法室では、精神科病棟の患者さまが歌や体操、手工芸、季節の行事などを行っています。

永生病院の作業療法の特色

当院の作業療法部門では、患者さまによりよいサービスを提供できるよう、以下の3つのグループを編成し、活動を行っています。

シーティンググループ

シーティング・クリニックを通じ、患者さま・家族さまの要望にもとづき、身体の大きさや、現在ならびに将来の生活環境をふまえ、その方に見合った車いすやクッションの提案ができるよう、組織的な体制を整えています。また、作業療法士が当院の褥瘡対策委員会に参加し、褥瘡の予防・治療への対応を行っています。
(シーティングとは、椅子・車いす使用者の身体的並びに社会的適合をいいます。詳しくは「シーティング・クリニック」をご覧ください)

シーティング・クリニックはこちら

福祉用具・住宅改修グループ

福祉用具を試用して頂いてから、見合ったものを選べる体制を整えています。また、福祉用具関連業者と連携をとり、製品の勉強会等を実施しています。
 在宅復帰される方には、退院前に、リハビリ担当者がケアマネージャーらと共に家屋評価を行った上で、福祉用具の選定や住宅改修の提案をさせて頂いています。
 家族さまを対象に行なわれている「生き活き介護教室」は、各種福祉用具を見て・聞いて・触れる体験型のプログラムとなっています。

生き活き介護教室はこちら

福祉用具とは
 心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障のある高齢者、または心身障害者の日常生活上の便宜を図るための道具及びこれらの者の機能訓練のための用具並びに補装具をいいます。 (「福祉用具の研究開発及び促進に関する法律」より)

高次脳機能障害グループ

高次脳機能障害への対応を、臨床や勉強会等を通じて検討し、訓練の中に取り入れています。

高次脳機能障害とは
 交通事故や脳血管疾患(脳卒中など)により、脳損傷を経験した人が、記憶・注意・思考・言語などの知的な機能に障害を抱え、生活に支障を来たすことをいいます。(東京都リハビリテーション協議会のWEBサイトより)