永生病院トップ > リハビリテーション部 > 言語聴覚部門のご紹介

リハビリテーション部

言語聴覚部門のご紹介

言葉によるコミュニケーション機能障害の回復をお手伝いします。

言語聴覚療法とは

 言葉によるコミュニケーション機能に障害のある人、あるいは家族などの周囲の人々に対して、言語聴覚士(ST:Speech Therapist)が行う専門的サービスです。
 言葉によるコミュニケーション障害には、言語、聴覚、発声・構音(発音)、認知などの各機能が関係していますが、脳卒中などの脳血管障害や頭部外傷、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。
 また、コミュニケーション障害に合併しやすい、ものを食べたり飲んだりすることの障害である、摂食・嚥下障害にも対応いたします。
 私たち言語聴覚士(ST)は、言語訓練・構音訓練・嚥下訓練によって、コミュニケーション機能障害の回復と軽減をお手伝いしています。

【コミュニケーション障害】

1)失語症

 失語症とは大脳の言語野がダメージを受け、“話すこと・聞いて理解すること・書くこと・読むこと”が難しくなる症状を言います。
 失語症であれば“話す・聞く・読む・書く”全てが難しくなりますが、障害の様相や重さには個人差があります。
 言語聴覚療法では、言語機能訓練や、コミュニケーションの代替手段の使用練習を行っています。また、その方にあったコミュニケーション方法を周囲の方にアドバイスしています。

2)聴覚の障害(難聴)

 加齢や耳の疾患等で聞こえが悪くなった方に対し、聞こえの検査を行います。補聴器を選定し、ご本人や家族様に使用方法のアドバイスを行っています。

3)音声(発音)・構音障害

 声が小さい、ガラガラ声になるなどの音声障害や、呂律が回らない構音障害に対して訓練を行います。
 AAC(コミュニケーション代替機器)の導入・適合を行い、コミュニケーションの支援をいたします。

4)高次脳機能障害(注意障害、記憶障害、半側空間無視等)

 人がよりよく生きていくための、注意・記憶・判断・行為・行動・認識等の機能を高次脳機能といいます。
 高次脳機能が障害を受けると、集中力が続かない、新しいことを覚えにくい、作業の段取りが悪くなる、見えているはずなのに左(右)のものを見落とす…等の症状が出ます。
 リハビリテーションでは、機能訓練に加えて、代替手段の獲得に向けた支援を行います。
 また、一見分かりにくい障害であるため、御家族や職場の方が障害を正しく理解できるようご説明をし、在宅復帰・職場復帰に向けた支援をいたします。

言語聴覚リハビリテーションの場面

言語聴覚リハビリテーションの場面

【摂食・嚥下障害】

 食べること、飲み込むことの障害を摂食・嚥下障害といいます。
 摂食・嚥下障害のリハビリテーションでは、「食べる・飲み込む」動作の訓練の他、病棟スタッフと連携を取り、その方が食べやすい食事形態を個別に設定致します。
 また、必要に応じて「嚥下造影検査(飲み込む過程をレントゲンで確認する検査)」をいたします。