永生病院トップ > 医療安全と質の向上について

医療安全と質の向上について

永生会および永生病院は、医療における安全の確保と質の向上を最優先課題に取り組んでいます。

 医療は、一方で不確実なものがあり、すべてが患者さまの期待どおりにはいかないという面があります。しかし、医療提供者が、あらかじめ避けることが可能なミスを犯すことによって、医学的に予見できる結果を損ねる事態にいたることは避けなければなりません。
 医療事故には、個人のミスによるものとシステムの弱点・劣化によるものとがあります。
 個人のミスをすべて排除することは難しい面があります。したがって、医療提供の仕組みの中に、ミスを生じにくくさせるだけでなく、ミスが生じた場合にも、それをできるだけカバーし、重大な事故になることを未然に防ぐとともに、ミスが生じる可能性と環境を日常不断に排除・改善していくシステムを創りだすことが必要となります。
 最終的には、病院経営自体が、事故予防と安全活動を組み込んで、絶えず組織を活性化させ、再生していく体質となることが欠かせないと考えています。
 こうした事故予防と安全活動において、1つの重要な取り組みが、ミスが発生した場合に、すべての事例を報告に上げ、その事例分析の中から、再発防止に向けた改善策を見出し、直ちに実践に移すという報告制度です。
 また、患者さまと診療内容に関する情報を職員が共有することによって判断ミスを排除する、あるいは、職員による判断と機器による認識チェックを並行させるなど、院内のIT化を普及させていくことも重要と考えています。
永生病院は、医療安全は医療の質と表裏一体の関係にあるとも考えます。 
医療の質とは治療結果を向上させていくことにつきますが、受療者の安心度・満足度を高めるという指標も入ります。こうした医療の質の前提となり、また、最大優先課題が安全の確保となります。
 したがって、永生病院は恒常的な安全対策組織を設けるとともに、永生クリニック、老健施設を初めとする介護保険の各事業所、訪問看護ステーションと、すべての部署に安全対策の徹底を図っています。

臨床指標の開発(TQMセンター)
医療の質向上を図るためにTQMセンターを設置しています。
臨床研究への取り組み(永生会研究開発センター)
永生病院の臨床研究成果を地域・全国へ発信します。
永生病院における事故情報の収集と分析
インシデントレポート、アクシデントレポートの現状をご報告
診療情報の管理(診療情報管理室)
診療情報を管理。統計データから医療の質向上の課題を導きます。
病院機能評価
病院機能評価とは、診療内容、療養環境、患者サービスの質を第3者機関が審査し、一定水準に達している病院に認定証を発行する制度です。
高齢者医療の取り組み
高齢者医療を実践する東京都の病院が情報交換・研修・提言活動に取り組んでいます。

永生病院における医療の質を高める取り組み

永生病院における医療安全活動の推進

 永生病院は、医療法の定めにしたがって、患者さまに安全・安心な医療を提供するために、
医療安全管理者(看護部長)を配置するとともに、医療安全推進委員会を設置しています。
 医療安全推進委員会は、「医療安全マニュアル」の作成や事例分析、医療安全研修の開催、医療安全新聞の発行、院内安全パトロール、医療安全推進週間などに取り組んでいます。
 医療事故が起きやすい医薬品に関しては医薬品安全管理者(薬剤師)を配置し、医薬品の安全管理に務めています。
 医薬品安全管理者は医療安全推進委員会と連携して、医薬品安全管理マニュアルの作成、手順書が守られているかどうかのチェック、業務手順書の改定などを行っています。

医療安全推進委員会
永生病院における安全活動の核となる委員会の活動をご紹介
看護部における医療安全への取り組み
看護部における医療安全への取り組みをご紹介