メディカルサポートのご紹介

放射線科(医療技術部)

私たちは質の高い画像診断を提供し、地域の皆様の適切なヘルスケアサービスに貢献します。

胸部や骨の写真でおなじみのX線撮影の他に、体の輪切りの画像を撮影するCT検査、また磁力とラジオ波を用い、X線撮影とは違った画像情報を得ることが出来るMR検査、X線で透視をしながら行うX線TV検査、骨密度を測定する骨塩定量検査などを行なっています。
また、病院内の全ての科と連携し、診断に必要となる画像の提供や透視下での処置をサポートしています。
近年の医療画像のデジタル化に伴い、膨大な医療画像情報の院内配信、画像サーバ保管などの管理を行なっています。
清潔な環境のもと、患者様が安心して検査を受けていただくために、被曝の低減、事故ゼロの達成を目標に、毎日、機器の点検と設備の消毒を実施しています。

一般撮影

 

CT検査

MR検査

 

エックス線テレビ検査

2016年9月
診療報酬点数と検査料金のご案内を更新しました。

2016年8月
当院エックス線検査の被ばく線量についてを追加しました。

2013年10月10日
造影検査についてのページを更新しました

2012年12月3日
一般撮影のページにAeroDRを追加しました
CTコロノグラフィーのページを新設しました
CT検査のページに画像診断用ワークステーションを追加しました
診療報酬点数と検査料金のご案内を更新しました
検査内容の資料ダウンロードページを更新しました

 

カウンター

放射線科の理念

私たちは質の高い画像診断を提供し、地域の皆様の適切なヘルスケアサービスに貢献します。

スタッフ紹介

現在14名体制で永生病院・永生クリニックの業務を行なっています。
画像診断医3名(非常勤放射線科医2名、非常勤脳神経外科医1名)
診療放射線技師7名、助手2名、受付1名、搬送1名の計14名

当院の検査

永生病院放射線科で行われている検査をご紹介致します。

一般撮影へ
X線TV検査へ
CT検査へ
MR検査へ
骨塩定量検査へ

放射線について

エックス線とは?

エックス線とは電磁波の一種で、可視光線や紫外線より波長の短いものを指します。


放射線の医療現場での使われ方

放射線には大別して、α線、β線、γ線、X線、中性子線等が挙げられます。
医療での用いられ方は、その放射線の種類、性質によって下表のように使い分けられています。
なお、画像診断ではX線を用いています。

種類 発生源 使用法
電磁波 X線 X線管
加速器
X線撮影・CT検査
断層撮影・透視撮影
DSA・癌治療
γ線 密封小線源
60Co線源・137Se針・192Irワイヤ等)
放射性医薬品(ラジオアイソトープ)
99mTc・131I・123I・201Tl標識化合物等)
癌治療
SPECT
粒子線 α線 241Am等  
β線 147Pm等  
電子線 加速器 表在性癌治療
陽電子線 サイクロトロン生成核種(11C・15O・18F等) PET
中性子線 加速器・原子炉・252Cf  
宇宙線 太陽フレア・超新星爆発  

モニター診断

CTやMRI等のモダリティで撮影したデジタルデータは、画像サーバに蓄積され、院内各所の画像参照端末(画像モニター)で参照することができます。
この画像データは、DICOM(Digital Imaging Communications in Medicene)と呼ばれる「医用デジタル画像と通信」に関する標準規格に準拠しています。
DICOM画像データは、モニター診断に耐えうるデジタル画像を医師・患者様に提供します。


高精細画像参照モニター端末(左・中)と画像診断システム(右)

 

 

各撮影検査室には、放射線情報システム(RIS)があり、オーダリングシステムとしての機能の他に画像管理システム(PACS)とも連動しています。
撮影検査前には、過去画像や検査所見を参照して検査を行っています。
また、各病棟にある病院情報システム(HIS)と画像管理システム(PACS)も連動していて、医師は電子カルテ画面から撮影画像や過去画像との比較、及び専門医の画像診断結果の閲覧が可能です。


放射線情報システム(RIS)を用いた簡易画像配信システム
(ポインターを合わせると画像参照画面に切り替わります)

 

 

新たにディスクパブリッシャーを導入し、CD-R等に画像データを保存してお渡しすることが可能となりました。
ご紹介先施設からお持ち頂いた画像データは、DICOM(Digital Imaging Communications in Medicene)データであれば、当院の画像サーバに保存することができます。
ご紹介先施設と情報を相互に共有することにより、検査を何度も繰り返すことが無くなり、患者様の身体的負担と経済的負担を軽減することができます。

当院での取り組み

こちらでは当院放射線科における様々な取り組みについて御紹介します。

膝関節立位正面像の有用性について

当院エックス線検査の被ばく線量について

患者さま向けに配布している検査内容の資料

実際に受けていただく検査がどういう内容のものか、患者さまにご理解いただくため用意をしています。PDF形式でダウンロードできるようにいたしました。

CT検査

ダウンロード 163KB

CTコロノグラフィー(仮想大腸内視鏡)

ダウンロード 120KB

MR検査

ダウンロード 172KB

胃バリウム(食道・胃十二指腸)造影検査

ダウンロード 459KB

ミエログラフィー(脊髄腔造影)

ダウンロード 252KB

ルートブロック(神経根ブロック)

ダウンロード 123KB

骨塩定量(骨密度)検査

ダウンロード 128KB

※当サイト内の全ての書類、画像の無断転載・無断転用を固くお断りします。

 

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Get Adobe Reader
ダウンロードはこちら

診療報酬点数と検査料金のご案内

 永生病院の放射線科で行う主な検査の診療報酬点数と検査料金についてご案内します。
  ※診療報酬点数(点)×10=料金(円)
  ※会計の際、初診(再診)料等合わせての精算となります。

 

胸部エックス線検査

枚数 画像診断料 エックス線撮影料 電子画像
管理加算
点数
合計
3割負担の
窓口支払額
1枚

85点

68点 57点 210点 630円
2枚 128点 102点 57点 287点 860円

 

腹部エックス線検査

枚数 画像診断料 エックス線撮影料 電子画像
管理加算
点数
合計
3割負担の
窓口支払額
1枚

85点

68点 57点 210点 630円
2枚 128点 102点 57点 287点 860円

 

腰椎エックス線検査

枚数 画像診断料 エックス線撮影料 電子画像
管理加算
点数
合計
3割負担の
窓口支払額
1枚

85点

68点 57点 210点 630円
2枚 128点 102点 57点 287点 860円
4枚 213点 170点 57点 440点 1,320円
5枚以上 255点 204点 57点 516点 1,550円

 

その他エックス線検査(腕・膝・足など)

枚数 画像診断料 エックス線撮影料 電子画像
管理加算
点数
合計
3割負担の
窓口支払額
1枚

43点

68点 57点 168点 500円
2枚 65点 102点 57点 224点 670円
3枚 86点 136点 57点 279点 840円
4枚 108点 170点 57点 335点 1,010円
5枚以上 129点 204点 57点 390点 1,170円

 

CT検査(16列)の診療報酬点数と検査料金

検査項目 CT撮影料 画像診断料 電子画像
管理加算
造影剤 点数
合計
3割負担の
窓口支払額
単純CT検査

900点

450点

120点 - 1470点 4,410円
造影CT検査 1400点 450点 120点 491.3点 2461.3点 7,383円

 

CTコロノグラフィー検査(16列)の診療報酬点数と検査料金

検査項目 CT撮影料 画像診断料 電子画像
管理加算
大腸CT撮影加算 点数
合計
3割負担の
窓口支払額
CT-C検査

900点

450点

120点 500点 1970点 5,910円

※別途前処置薬や検査食代が掛かります。

 

MRI検査(1.5テスラ)の診療報酬点数と検査料金

検査項目 MR撮影料 画像診断料 電子画像
管理加算
造影剤 点数
合計
3割負担の
窓口支払額
単純MR検査

1330点

450点 120点 - 1900点 5,700円
造影MR検査 1580点 450点 120点 950点 3100点 9,300円

 

骨密度検査の診療報酬点数と検査料金

検査項目 骨密度検査料 3割負担の窓口支払額
DEXA法(前腕)

140点

420円
DEXA法(腰椎) 360点 1,080円
DEXA法(腰椎+股関節) 450点 1,350円

医師の皆様へ

検査の流れ
検査のご予約
電話予約 042-661-5051 予約票記入 患者様への説明
       
造影検査について   ファックス 永生病院まで 042-661-8140 ファックス後 貴院にて保管
検査当日から結果報告まで
患者様 永生病院 受付 CTまたはMR検査施行 フィルム持ち帰り 患者様受診日持参
           
        画像診断 ファックス及び郵送 検査結果について

ご連絡・お問い合わせ