永生病院トップ > メディカルサポートのご紹介 > 放射線科 > 当院の取り組み:膝関節立位正面像の有用性

放射線科(医療技術部)

当院の取り組み:膝関節立位正面像の有用性

歩行時に痛みを伴う変形性膝関節症を始めとする多くの膝の疾患において当院では膝関節正面像の撮影を必要に応じて立位で行っています。これは膝関節裂隙の狭小化や大腿骨軸と脛骨軸の成す角(FTA)が臥位(仰向けで寝た状態)と立位では状態が異なり、立位にて体重が加わっている時に撮影することにより実際の歩行時の膝関節の状態が正確に把握できるためです。

 歩行時に痛みを伴う変形性膝関節症を始めとする多くの膝の疾患において当院では膝関節正面像の撮影を必要に応じて立位で行っています。これは膝関節裂隙の狭小化や大腿骨軸と脛骨軸の成す角(FTA)が臥位(仰向けで寝た状態)と立位では状態が異なり、立位にて体重が加わっている時に撮影することにより実際の歩行時の膝関節の状態が正確に把握できるためです。

変形性膝関節症のgrade分類

大腿脛骨角(FTA)とは?

 画像1、画像2は同じ患者様の左膝関節正面像ですが、画像1では臥位(仰向け)で撮影されており膝関節の変形を認めますが膝関節内側部(内顆)の狭小化は軽度です。また大腿脛骨角(FTA)は約182.4度を示しています。画像2は立位(荷重時)の正面像です。関節裂隙の狭小化は高度で、FTAも約190.9度と増大しています。このことから立位(荷重時)撮影することにより、より的確に病態を表していると言えます。この患者様には後に人工膝関節置換術(TKA)が行われました。(画像3)

画像1. 臥位(仰向け)正面像 画像2. 立位正面像 画像3. 人工膝関節置換術後

 

 当院ではこのように立位撮影が有効な場合において、体の不自由な方でも楽で安全に撮影が行えるように多目的立位撮影台パラリーダー RN-300を使用しています。

変形性膝関節症のGrade分類

※下の各写真画像をクリックすると、拡大表示と説明が表示されます。

クリックすると拡大と説明を表示 クリックすると拡大と説明を表示 クリックすると拡大と説明を表示

grade0
(正常)

grade1
骨硬化像,また骨棘,
骨嚢胞の形成

grade2
関節裂隙の狭小化
(3mm以下)

クリックすると拡大と説明を表示 クリックすると拡大と説明を表示 クリックすると拡大と説明を表示

grade3
関節裂隙の閉鎖
または亜脱臼

grade4
荷重面の摩耗または
欠損(5mm以下)

grade5
荷重面の摩耗または
欠損(5mm以上)

大腿脛骨角(FTA)

大腿脛骨角(FTA)

大腿脛骨角(FTA)

ご連絡・お問い合わせ