永生病院トップ > メディカルサポートのご紹介 > 栄養科 > 永生病院のNST、勉強会

栄養科(医療技術部)

永生病院のNST、勉強会

永生病院のNSTとは...

 からだに必要な栄養を適切に摂取することは、生活習慣病の予防のみならず、 リハビリの効果、治療効果、免疫力などを向上させると言われています。
 永生病院では現在8名の管理栄養士が、医師や看護師、リハビリスタッフなど多職種と話し合いながら患者さまの栄養面からのサポートを日々行っております。

 また平成24年4月より、更なる栄養サポートの質の向上を目指して、栄養サポートチーム(以下NST)を設立いたしました。厚生労働省指定の研修を受けた医師、看護師、 薬剤師、管理栄養士の他、リハビリセラピスト、臨床検査技師が、栄養サポートを必要 としている患者さまのベッドサイドまで回診し、カンファレンスを行ないます。
 それぞれの専門知識をもとに、患者さまに必要な栄養摂取方法、必要栄養量、食環境の整備 などを検討し提案を行なっております。
 また、院内にて栄養サポート※1に関する知識向上のための勉強会の開催、学会等での発表、研究会への参加、講演活動など、院外でも積極的に活動をしております。

※1 栄養サポートとは
 体格、病態、摂食嚥下レベルなど、様々な患者さまの状態を総合的に評価し、 患者さまが必要な栄養量(エネルギー、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、水分)を 適切に摂取できるよう、継続的に評価や見直しを行ないながら栄養面でのサポートをすること。 食事ではハーフ食、おにぎり、栄養補助食品などを用いながら、患者さまが無理なく必要 な栄養量を摂取出来るように調整します。
 経管栄養では、疾患や症状に合わせた栄養剤の選択や投与プランの提案を行ないます。

NST勉強会実績


(平成25年度)

6月 ・栄養管理の基礎
7月 ・栄養プランのたて方
8月 ・解ると楽しい胃瘻ケア
9月 ・下痢と便秘
10月 ・嚥下機能と口腔ケア
11月 ・検査データから見た栄養評価
12月 ・食欲と薬
2月 ・薬剤に頼らない自然な排便コントロールの重要性について
3月 ・食物繊維と大腸メンテナンス ~便秘・下痢のとき~