メディカルサポートのご紹介

栄養科(医療技術部)

栄養管理と給食管理から療養をサポート。チームで栄養ケアを推進。安全な食形態、食欲維持、栄養指導と、患者さま一人一人に合わせてマネジメント

 私たち管理栄養士は医療技術部の一部門として、食事の面から病気の治療・回復・合併症の予防を目指して、適正な栄養管理と給食管理の両面で患者さまをサポートしています。
食事については、医師の指示に基づき患者さま一人一人の病態に適した食事を提供しています。また、食事の内容をご理解していただけるよう、患者・ご家族さまに対して、栄養指導と相談を行っています。

栄養科の理念

栄養士は栄養管理・給食管理の中心的な役割を担っています。
しかし、全ての業務において多職種協働での業務が不可欠です。
チーム医療の一員として取り組んでいます。

栄養科の理念  

「私たち栄養士は、栄養管理が必要な方に、病状に応じた適切な食事、及び食事サービス(栄養相談)を提供していきます。チーム医療のもと、適切な栄養管理を実践します。」

(1)医師・看護師・栄養士・検査技師・リハビリセラピスト・介護士と一緒にチームとして患者さまにより良い栄養管理を提供します。

(2)患者さまやご家族さまが安心して治療を受けられるように、お話を伺い、食事について説明させていただきます。

(3)患者さまのプライバシーに十分注意していきます。

(4)患者さまに、より良い医療を提供する為に、日々研修・研鑽を続けます。

永生病院の理念はこちら

栄養科の業務内容


行事食
行事食「敬老の日」 毎月、季節に合わせた行事食を提供しています。  
お誕生日メニュー 年に一度の大切なお誕生日には、お祝いのメニューを提供しています。  


栄養管理業務  

 栄養管理については多職種協働での業務が中心になります。治療食を召上っている患者さまに対して、医師指示のもとで栄養指導を実施しています。

栄養科の広報誌『健康市場』

『健康市場』という広報誌を月1回発行しています。

記事の内容は「旬の食材」「治療食ガイド」「試してみませんか?」など、季節にあった事柄をお知らせしています。また、最近話題のトピックスなども取り上げています。ぜひご覧下さい。

号数 旬を食べる 主な記事
平成30年  
第250号 7月 ゴーヤ

・梅雨明け


PDFファイルをご覧いただけない場合は、
右からAdobe Acrobat Reader をダウンロードください。(無料)
「Adobe Acrobat Reader」のサイトへ

栄養指導・栄養相談のご案内

 永生クリニックでは、食事療法が必要な患者さまに栄養指導・栄養相談をしております。
糖尿病、脂質異常症、高血圧症、慢性腎臓病の方、ダイエットが必要な方など、食事療法が必要な方に予約制で栄養指導を実施しています。
 食事でお困りのことがある方や、食事とクスリの組み合わせなどに関するご相談も可能です。
 予約は主治医に栄養相談の希望を伝えていただくか、予約センターに申し出ていただいても結構です。
 食事療法についてはマスコミでもよく取り上げらます。そうした情報が本当に正しいのか、あなた自身の病態や体質に適合するのかを判断することなく鵜呑みにすることは危険です。
 大切な栄養に関する相談を一般情報にゆだねるのではなく、ぜひ専門家の指導を得てともに考え、取り組んでいかれることをを薦めします。どうぞ、お気軽にお申し出下さい。

予約センター 0120-001-083