永生病院トップ > 診療科のご案内 > 精神科のご案内

診療科のご案内

精神科のご案内

認知症の患者さまにリハビリ科と連携した精神科集団作業療法を実施。
 当院の精神科は、アルツハイマー型などの認知症、血管性認知症、その他種々の原因による器質性精神障害、認知症合併の統合失調症の診療を行っています。
 精神療法、薬物療法のほかに、認知症の患者さまの失われた機能を復活させ、残された機能を生かせるように、リハビリテーション科と連携した精神科集団作業療法を行っています。
 また、身体疾患を抱えておられる患者さまが多いことから、採血、レントゲン、CT、MRIやエコーを適宜施行し、患者さまの状態に応じて、治療・他科へ紹介をしています。
 当院では、内科や整形外科など他科への紹介・治療が迅速にできますので、患者さまには、安心して入院生活を送っていただけることができます。
 入院後の患者さまの方向性としては、老人ホーム・老健施設への入所、自宅への退院、転院、院内他科への転出のほか、最期まで看させていただくケースもあります。
 当院の精神科は身体的拘束をまったく行っていないことが特徴です。病棟は閉鎖病棟ですが、申し出に応じて外出したりしています。
 患者さまにとって苦痛となることはせず、安心して気分良く入院治療に専念できるよう、スタッフ一同心がけています。