永生病院トップ > 診療科のご案内 > 整形外科 > 関節センター > 術後のリハビリ、よくある質問

関節センター

術後のリハビリについて

 当院には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など100名を超えるリハビリテーションスタッフが配置されています。充実した施設に加え、担当スタッフが受け持ち制で患者様と密に接し、個人に合ったリハビリで術後の患者様が少しでも早く復帰できるようサポートいたします。当院の回復期リハビリテーション病棟は2病棟100床を有し、土日祝日、年末年始も休まず行う365日リハビリテーションを実施しています。

よくあるご質問

1. 入院期間はどれくらいですか?

関節手術をはじめてうけられる方であれば、人工関節の場合は2-3週間で歩いて自宅へ退院できます。長い間歩くことができず筋肉が落ちてしまっている方や、人工関節の入れ替えの手術の方は回復に時間がかかる場合がありますので、希望があれば当院のリハビリテーションを専門にしている病棟で充実したリハビリを受けていただきます。

2. 手術後どれくらいで元の生活にもどれますか?

階段や家事は退院後から可能です。仕事は事務職であれば手術後1ヶ月、車の運転、自転車などは手術後2ヶ月で可能です。(個人差がありますので必ず主治医に相談してください。)

3. 治療費はどれぐらいかかりますか?

人工関節手術を受けた場合、3週間の入院で人工関節代も含めた医療費の総額がおよそ200万~250万円になり、患者さんの負担割合が3割としますと60万~ 75万円と高額になりますが、それを軽減するため、高額療養費制度、更正医療など様々な公的医療費助成制度があります。 それらを活用すれば相当軽減されます(高額療養費制度を適応すると、70歳以上の標準的な年金受給者で最終的に月額負担が5万円程度、現役並みの所得者で8万円程度になります)。ただその適応の範囲や軽減額はその方の所得や保険の種類によってかわりますので、詳しくは病院の医事課か相談窓口でお尋ねください。