永生病院トップ > 診療科のご案内 > 整形外科 > 関節センター > 診療・手術内容

関節センター

診療内容

 そもそも“関節の病気とは何でしょうか?膝痛や股関節痛の原因となる変形性関節症、関節リウマチやスポーツ外傷・障害(膝靭帯損傷、半月板損傷)などが主な病気です。
 治療のゴールは個々により様々です。痛みがひどく日常生活で困っている方はもちろんのこと、趣味のハイキングやゴルフが痛みのために楽しくできなくなってきたなど個人、病状により治療の目的が違います。それぞれの目的に応じた治療を提案し、一緒にゴールを目指します。
 そのためには、治療に当たる医師はもちろん、リハビリテーションを行う理学療法士、入院・手術の際に看護を行う看護師や退院にむけてお手伝いするソーシャルワーカーがチームとなって治療に当たることが重要です。

手術内容

当センターにて行っている手術内容を各症状、疾患別にご説明いたします。

膝関節疾患について
股関節疾患により骨の変形や軟骨の損傷等が生じて可動が制限されてしまったり、痛みや歩きにくいといった症状が引き起こされます。
股関節疾患について
足の付け根部分が痛む事が多く、産まれつきの原因や肥満などによる過度な股関節の酷使による場合があります。